2010年05月31日

管理の仕方が自分たちのライフスタイルにマッチした墓を。

永代供養とは、サンスクリット語のプージャーまたはプージャナーの訳で、仏、菩薩、天部 諸天などに香・花 華・灯明・飲食などの供物を真心から捧げること。例えば、特撮などで見られる「ここが貴様の”墓場”だ」との台詞では、墓場は「”刑場”」を意味する。なお、実際に遺体や遺骨を埋葬する場所である墳墓は「築く」といい、その位置や故人の名を刻んだ墓石や塔は「建てる」という。またこの墓石・墓碑のことを墓ということもある。また、古代日本では墓を「奥津城、奥つ城(おくつき)」と呼んでおり、これにならって、神道墓をそう呼ぶこともある。また、この墓石・墓碑の指して墓ということもある。墳墓(ふんぼ)、墳塋(ふんえい)等ともいう。墓石(ぼせき、はかいし)とは、墓のしるしに建てる石。江戸時代になると檀家制度が確立し、人々に先祖に対する供養や葬儀、墓など仏事が生活の中に定着したことにより、庶民まで墓石を建立するようになった。
posted by eemaina at 13:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。